学校法人三島学園 知徳高等学校
陸上競技部 2020年11月6日

女子第33回静岡県高等学校駅伝競走大会

 11月1日(日)エコパスタジアム5㎞周回コースにて駅伝競走大会が開催されました。 

コロナ禍での開催であり、本来であれば6位までが東海駅伝への出場切符獲得ですが中止となり、優勝校のみが全国大会への出場権となりました。

 本校は、昨年、他校との合同チームでのオープン参加出場で、今年こそは知徳高校としての単独チームでの出場を目指してきました。今年は、長距離4名に加え、3年生のバレー部員にお願いしてこの2か月は、バレーの練習と入試の合間に駅伝練習に参加してくれました。タスキをつないでくれたことに感謝します。

 選手たちは15位以内を目標に取り組み、結果13位でした。目標タイムよりも34秒タイムを上げゴールしました。当日は、朝早く短距離や投てきの部員も応援に来てくれ、選手の力になりました。来年は陸上部員だけで挑み、更なる順位アップを目指します。

1区(6㎞)守塚(2年) 区間10位の走りでいい流れを作ってくれました。

  

スピードランナーの集結する2区(4.0975㎞)土屋(2年) 

区間12位、10位のまま3区へつなぎました。短距離・投擲も幟で応援。

3区(3㎞)菅尾(1年) 初めての駅伝。緊張しましたが、目標より10秒以上速いタイムで

区間15位、10位で4区(3㎞)岡田(3年バレー部)へつなぎました。

4区岡田は他校の陸上部の中で堂々と力走し区間14位、12位で5区アンカー(5㎞)片岡(2年)へのタスキ渡しました。キャプテンとしてチームをまとめた片岡は、皆がつないだタスキをゴールまで無事運んでくれました。

左から区間順に、守塚・土屋・菅尾・岡田・片岡。右は補欠でバレー部の矢田。

最後の最後まで努力し、当日は岡田の付添でした。ありがとうございました。

投稿者 草地