学校法人三島学園 知徳高等学校
陸上競技部 2020年10月6日

陸上部 新人戦県大会

 9月26日~27日に新人戦県大会が草薙総合運動場にて行われました。今回は選手1名につき2名の家族が観戦可能となり、多くの保護者の観戦がありました。コロナウイルスの影響により、新人戦東海大会(10/24~25 三重四日市)の中止が決定している中で6位入賞した種目は2種目でした。

6位入賞の種目、学校新記録、決勝進出(BA)種目は以下の通り

女子ハンマー投で梅澤 佑月(2年)が37m64で東部大会に続いて見事優勝しました。

男子100mでは齊藤 歩(2年)が予選で10秒70(+1.1)で決勝進出しましたが、足の状態で決勝は棄権しましたが、学校新記録を更新しました。更なる記録更新が楽しみです。

齊藤を欠いた男子4×100mRは、小針、深澤、久保田、萩原と繋ぎ、6位入賞を果たしました。4走の萩原が100分の1秒の胸の差で6位を勝ち取りました。

B決勝進出した種目では、男子400mHで梅原 巧(2年)が1着、総合9位でした。予選10台目で転倒するもB決勝進出し1着56秒68、総合9位でした。

同じくB決勝進出で女子800mで土屋 芽生(2年)がB決勝2着で総合9位でした。2分22秒19の自己ベストを更新しました。

最後に、女子4×100mRは土屋、神田、大石、住田が知徳史上初出場で挑み、東部の記録を僅かに更新し52秒17で学校新記録でした。まだまだバトンパスに課題を残しており、更なる記録更新も可能。来年に期待です。

女子ハンマー投優勝の梅澤の表彰式(中央)

男子400mH、B決勝1着の梅原

女子800m、B決勝2着の土屋(右)