学校法人三島学園 知徳高等学校
運動部 2020年7月22日

陸上部 県総体代替大会

 7/18~19にエコパスタジアムで行われた県総体代替大会に出場しました。梅雨の晴れ間ものぞき蒸し暑い中、熱戦が行われました。個人種目12名、男子リレー2種目に出場し、6名が自己ベストを更新、両リレーも今シーズンベスト記録を更新しました。

8位入賞種目は以下の通りです。

男子100m斉藤(2年)は東部大会で優勝した好調を維持したまま、10秒90(-0.2m)で5位に入賞しました。上につながる大会ではなかったものの、秋の新人戦や来年の総体に向け自信となる結果でした。

また、男子三段跳びでは小針(2年)が決勝進出。6回目に観客に拍手を求め、自己ベストを大幅44㎝更新し8位入賞しました。

女子ハンマー投げでは梅澤(2年)が自己ベスト更新はならずとも5位入賞を果たしました。

いずれも2年生であり、今後が楽しみです。

ここで2名の3年生が引退しました。県大会に出場して区切りをつけた3年生は、大きな背中を後輩たちに示してくれました。それらを受けた後輩たちは、更に上へと飛躍をするためこの夏26名全員で鍛錬していきます。

男子三段跳 小針(2年) 8位入賞

女子ハンマー投 梅澤(2年) 5位入賞

男子1600mR 2走の久保田(2年)は、200mでも自己ベスト更新しチームに貢献

投稿者 草地